心臓ドック

生活習慣病

糖尿病の患者さんが増えていて、50代以上の人の3人に一人は糖尿病にかかっているか、あるいは隠れ糖尿病患者だと言われています。

 

また、糖尿病とわかっても医師の診察を受けない人も大勢いると言われていますので、糖尿病患者さんの数はすごい数になっていると想像されます。

 

病院を受診しないで糖尿病を重くしてしまう人が問題になっていますが、糖尿病も痛いとか苦しいなどの自覚症状がないので、病気自体を軽く見ている傾向があるようです。

 

しかし、実際には心臓病を招きやすく、狭心症や心筋梗塞や脳卒中ほか腎臓病も招きます。
生活習慣病が心疾患を招く恐れが多いので、生活習慣病と診断されたら心臓ドックを受けることをおススメします。

 

血管の病気とも言われている糖尿病は動脈硬化を招きやすく、そして、視神経を犯す糖尿病は網膜症などを起こして最悪目がみえなくなることもあります。

 

こんなにたくさんの病気を招く糖尿病なので、「糖尿病は病気の運び屋」とまで言われています。

 

心臓病を招くリスクが高い糖尿病なので、糖尿病と診断されたら心臓ドックを受けて、心臓病の早期発見に努めることをおススメします。

 

ちなみに私も糖尿病の神経障害が出て、足の裏にパラフィンを被せたような違和感がしたり、足が赤黒い色になるとか足が膨らんで、今まで履いていた靴がきつくなりました。そして、夜に主に痛みを感じるのですが、足のひび割れがピリピリと痛みました。

 

「痛みました」と書いたのはそれらの足の障害が、今では改善できたからです。

 

改善した方法は、糖尿病が血管の病気で血液の流れが悪くなって、足の裏の違和感や痛みが出るのなら、血液の流れを外部から良くすれば良いと考えて毎日徹底的にマッサージをして、血行を良くすることに勤めました。

 

ヨガの足の運動を基本に行ったのですが、まず足首をまわして、かかとの硬い部分を100回こすり、足の裏を丁寧にもみほぐし、足の指の付け根と指先とをマッサージします。

 

上記を続けてから半年もかかりましたが、ひび割れの部分の痛みも無くなりきつくなっていた靴も楽に履けるようになりました。効果が出るまで時間がかかりますが、確実に効果が出ていますので試してみてください。

 

また、様々な病気の予防や改善に適度な運動が勧められていますが、適度な運動は血行を良くするので、それも、血管の病気と言われ、血液の流れが悪くなっている糖病を患っている体には良い効果が期待できます。

 

また、動脈硬化も糖尿病が軽いうちから進んでいると言われています。糖尿病の予防や改善はあらゆる病気の改善に繋がっていますから、もし、糖尿病と診断されてもめげずに改善に努めてください。

 

無病息災でなく一病息災の効果が言われていますが、ひとつ病気を持つことで生活習慣の改善に力が入り健康な体にするのも可能です。

 

心臓病も心臓ドッグを受けることで突然死のリスクを大きく減らす事が出来るので、糖尿病などの症状がある方は受けてみるといいでしょう。